FC2ブログ

2010/11/12 (Fri) 14:07
尖閣ビデオ流出事件

尖閣諸島沖の中国漁船衝突をめぐる映像流出事件で、警視庁などの任意での事情聴取が続く43歳の海上保安官は11日、初めて弁護士と面会したが、一夜明けた12日、この弁護士が、本人側から「弁護人を辞めてもらいたい」と要望されたことを明らかにした。
本人の様子が見えないだけに、弁護士の会見には、多くの報道陣が集まったが、この弁護士は取材に対して、当面、本人には面会しないと話している。
聴取を受けている海上保安官と11日夜に初めて面会した弁護士は、「ご家族と連絡が取れない状況なので、非常にご家族の方が不安に思っておられる。非常にまじめな方だという印象です」と述べていたが、12日になって、本人側から「弁護士を辞めてもらいたい」と要望する連絡があったことを明らかにした。
海上保安官は、この弁護士に対し、電話を通じて、「現段階では、必ずしも弁護士は必要ではないと思っている」などと話したという。
この弁護士は、当面、本人とは面会しない方針だという。



きっと
人一倍
正義感の
強い人なんだろうね

でも
犯した罪は罪
ちゃんと償った上で
もう一度
現場に戻って欲しい

スポンサーサイト



| ホーム |

 BLOG TOP